沿革

昭和54年 7月31日 社会福祉法人誠光会設立認可

 

昭和55年12月    身体障害者療護施設誠光荘50床で開設

 

昭和60年 4月    身体障害者療護施設誠光荘40床増床

 

平成 4年 4月    短期入所事業2床開設

 

平成19年 1月    誠光荘相談事業所開設

 

平成20年 4月    身体障害者療護施設誠光荘、障害者自立支援法新法移行により

            障害者支援施設誠光荘に改名

 

平成20年 8月    障害者支援施設誠光荘9床増床

 

平成23年 4月    ケアホームひかり1号館開設(8床)

 

平成24年 4月    ケアホームひかり2号館開設(8床)

 

平成25年 4月    誠光荘居宅事業所開設

 

平成26年 1月    誠光荘居宅事業所、福祉有償運送事業開始

      2月    誠光荘居宅事業所、同行援護事業開始

 

平成26年 4月    デイサービス桜林館開設(30名)

 

平成28年 4月    誠光荘居宅介護事業所を誠光荘居宅介護事業所ピジョンと改名

 

平成29年 4月    誠光荘居宅介護事業所ピジョンを誠光荘ヘルパーステーションピ

            ジョンに改名4.1

            誠光荘ヘルパーステーションピジョン、介護保険事業のヘルパー

            事業の指定を受け事業開始

 

平成30年 8月    デイサービス桜林館、共生型サービスの指定を受け事業開始

 

平成31年 4月    誠光荘相談支援事業所、自立生活援助事業の指定を受け事業開始

 

令和 2年 4月    誠光荘相談支援事業所、地域生活支援拠点事業の指定を受け事業開始